英語が苦手な人の特徴

こんにちは。長谷川千絵です。

会社員時代は特に、社内で「英語のヘルプお願い!」と言われることが多かったのですが、「英語が本当に苦手なの」という方にはなんとなく共通点があるなぁと思っています。

英語習得にもしかしたら役立つかもしれないので、まとめてみようと思います。

1. 擬態語、擬音語が多い

なぜなのかはわからないのですが、大抵の英語が苦手とおっしゃるかたの話し方がこれ。

「だーっとやって、さっと…こんな感じ。分かる?」みたいな説明が多い方。

擬音語が多いのはご本人も自覚されているので、最後に「分かる?」と確認を求める場合が多いですね(笑)


2. 抽象的な言葉が多い

「抽象的な言葉」と言ってしまうとちょっとイメージがつきにくくなるかもしれませんが、例えば、

「あの人、すごく雰囲気があって素敵だよね」とか、

「この商品のコンセプトをはっきりさせましょう」などです。

「言いたいことはなんとなく分かる」、「前後の文脈が分かれば分かる」というのが抽象的な言葉です。

日本人は、文化や習慣としてそうなのか、こういう言葉を好んで使う傾向が強いように感じます。


つまり、感覚で話している

まとめると要は、こういうことです。

これもかなり抽象的ですね(笑)

具体的に言うと、「具体性に欠ける」。

ちょっとキツイ表現になるので、敢えて見出しにしませんでした。

日本人は、こういう直接的な表現だと角が立つから、抽象的な表現を好むのかもしれませんね。


英語は具体的な表現を好む言語

英語は具体的な表現が多い言語。

あまり抽象的なことを言うと、「つまり?具体的に言うと?」という質問が来ますし、時間短縮のために、ビジネスを加速するという視点から考えても、最初から具体的な表現をするほうが賢明ですよね。

上の例で言うと、「コンセプト」ってつまり、商品の何なのか?強み?ターゲット?キャッチフレーズ?その全て?ということです。


具体的に考えると英語が簡単に?!

また、抽象的な言葉は英語にしにくいことが多いのです。

上の例で言えば、「雰囲気があって素敵」って英語でなんて言いますか?

それよりも、例えば「美人で、おしゃれ」のほうが英語にし易いと思いませんか?

「英語が苦手」という方は、「具体的に言うと」をちょっと考えてみて下さい。かならず英語のハードルは下がると思います。

英語は道具。道具に振り回されず、使い方をちょっと変えてみて下さい!


通訳と翻訳でビジネスを加速するお手伝いをしております♪
Skypeでの通訳は1時間3,000円から承っております♪
(短い時間で済むということでしたら、30分単位でのご利用も可能です) 
英文ビジネスレターなどの翻訳は5円/1文字 or 1wordから

0コメント

  • 1000 / 1000

CHIE HASEGAWA(長谷川千絵)

ビジネスプロモーション・商談の通訳・翻訳者